• ホーム
  • 寒い地域に家を建てる場合は断熱材はしっかり入れてもらいましょう

寒い地域に家を建てる場合は断熱材はしっかり入れてもらいましょう

寒い地域に住宅を建てる場合は、十分な断熱材の設置が必要となります。寒い地域に建てる住宅で断熱材が十分必要なのは生活を快適に保つと共に、光熱費を節約する必要があるからです。断熱材には発泡プラスチック系断熱材や繊維系断熱材があり、外張り断熱や充填断熱として使われます。外張り断熱にするか充填断熱にするかは建築構造によって判断が異なり、発泡プラスチック系断熱材にするか繊維系断熱材にするかも目的により異なるのです。

光熱費を抑えることもできる省エネ性は快適な生活をおくる上で欠かせないことです。省エネ性を高めるには屋根や外壁に断熱材を設置したり、サッシの断熱性を高くすることが必要です。さらに、設備機器の省エネ性を示す数値の一次エネルギー消費量を減らす選択も必要となります。設備機器は最新のものを使うことで、一次エネルギー消費量を抑えることが可能となるのです。

断熱材はグラスウールのもの以外にも新聞紙を原材料としたセルロースのような健康にやさしいものも開発されています。板状のものは施工により隙間が空きやすいのに対して、吹き付けで施工したものは隙間が空きにくく、断熱の効率は高くなります。断熱材は施工箇所により適切なものを使い分け、隙間を無くすことが必要なのです。

屋根や外壁の断熱性を高めても、サッシから熱が漏れたのでは何にもなりません。サッシの断熱は建物全体の省エネに大きな影響を及ぼします。サッシは省エネタイプのものが開発されており、高い断熱性を発揮しているのです。ガラスには断熱効果の高い省エネガラスを使用したり、サッシを二重にするなどの対策が求められます。寒い地域に家を建てる場合は断熱材以外の部分にも注意することが求められます。

断熱性も客観的な数値により性能を知ることが可能です。長期優良住宅の認定を受けたものは一般の住宅よりも省エネ性が高いことが知られています。住宅金融支援機構の融資を受ける住宅では一定の断熱性が求められ、グレードの高いタイプではかなり高い断熱性が求められるのです。寒い地域ではこれらの基準をクリアすることで、必要な省エネ性を確保することが可能となります。

一般に鉄筋コンクリート造の住宅は温まるのに時間がかかるものの、冷めにくい特性があります。寒い地域では鉄筋コンクリート造など断熱に有利な住宅の選択が望まれるのです。他の地域においても省エネ性の高い住宅を建築することで、生活の快適性と地球環境維持のための二酸化炭素の削減に寄与することができます。

関連記事
注文住宅を建てる時は値引き交渉をしてみましょう 2019年12月07日

注文住宅のような高い買い物では値引き交渉が可能なことがあります。競合がある場合を除き、買主が働きかけなければコストダウンは図れません。値引き交渉には適切なタイミングやうまくいく方法があり、それを理解することが大切です。値引きの額はハウスメーカーによって異なり、また、売れない時期や決済時期など時期によ...

家を建てるなら条件に合う土地を探しましょう 2019年10月11日

住宅を建てる場合はその土地の条件に合致することが大切です。土地の条件には立地の他にも建築基準法などの法規制があります。また、災害に遭いにくいかや、老後の設計など、生活上の条件も出てくるでしょう。建築基準法では都市計画で定められている用途地域を確かめることが大切です。用途地域によりその土地周辺の環境が...

地震に備えて耐震問題もクリアした住宅を建てましょう 2019年10月26日

住宅は地震に対して安全である必要があり、耐震問題に関心を持つことが大切です。住居の耐震問題は建築基準法で規制されていますが、構造計算は義務付けられていません。住宅の耐震問題は建築基準法において中規模と大規模の地震に分けて規制がされています。中規模は建築基準法の最低限の規制を守ることで倒壊を免れますが...

住宅展示場に行く場合には注意しなくてはいけない点がいくつかある 2019年09月25日

オーソドックスなハウスメーカー選びとして住宅展示場を訪れる方法が勧められます。展示メーカーの多い住宅展示場を選び、空いている平日などに行くのが良い情報を得るポイントです。各家庭への飛び込み営業や営業電話は疲れるのに対して、住宅展示場のモデルハウスで選ぶ方法はじっくりと比較できるのが良い点となります。...

マイホームを建てるなら色々なカタログを請求してみるのもよし 2019年09月09日

マイホームのハウスメーカーを選ぶ場合に適切な住宅展示場が見つからない場合は、個別にカタログを請求するのが良いでしょう。カタログには各社の得意とする建築工法や目的別の素材などが掲載されているので、それを参考に他社との比較を行うのが良い方法と言えます。工務店でカタログを用意しているところは少なく、ハウス...