• ホーム
  • 家を建てるなら条件に合う土地を探しましょう

家を建てるなら条件に合う土地を探しましょう

おしゃれなルーム

住宅を建てる場合はその土地の条件に合致することが大切です。土地の条件には立地の他にも建築基準法などの法規制があります。また、災害に遭いにくいかや、老後の設計など、生活上の条件も出てくるでしょう。建築基準法では都市計画で定められている用途地域を確かめることが大切です。用途地域によりその土地周辺の環境が決まるので、無視することは避けた方が良いでしょう。

都市計画で定められる用途地域には第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域、第一種住居地域や第二種住居地域などの住居系の地域のほか、近隣商業地域や商業地域と言った商業系の地域や準工業地域や工業地域などの工業系の地域があります。用途地域が異なると建ぺい率や容積率の他、建物用途や高さ制限と日影規制の値も異なるので、どの地域を選ぶかは重要な選択となるのです。また、地域で特別に定められる建築協定や地区計画などにも注意する必要があります。

第一種低層住居専用地域や第二種低層住居専用地域は高い建物の建築が規制されているので、低層の住宅には適した地域と言えます。第一種住居地域や第二種住居地域は近隣商業地域や工業地域と比較して住宅地の環境が守られていますが、中層のマンションや住宅以外の建築も可能な地域です。場所によっては日照の心配も必要となります。建築協定や地区計画は地域により定められている場合があるので、自治体の担当課で調べる必要があるのです。

災害に遭いにくい地域は自治体が作成するハザードマップにより知ることができます。洪水に遭いやすいかどうかは標高が大きく関わり、ハザードマップの予測は正確なものです。もし、洪水に遭いやすい地域に家を建てる場合は、鉄筋コンクリート造でそれなりの高さのものをつくる必要があります。がけ崩れの起きやすさも自治体が把握しているので、事前に調べることが可能なのです。洪水に遭いやすい地域は地盤も弱く、地震が起きた時にも不利となるのが一般的です。

住宅は一生使うものなので、老後の計画も設計に考慮する必要があります。高齢となった場合は高低差の激しい敷地は使いにくく、危険なこともあります。健康に良いとされる南斜面なども、高齢となった場合の使い方を考えて求める必要があるのです。さらに立地以外の条件では家族構成が影響する広さの問題もあります。二世帯所帯を考える場合はより広い敷地が必要となります。郊外の場合は駐車場の設置が必要で、そのための敷地の広さも確保することが大切です。

関連記事
寒い地域に家を建てる場合は断熱材はしっかり入れてもらいましょう 2019年11月12日

寒い地域に住宅を建てる場合は、十分な断熱材の設置が必要となります。寒い地域に建てる住宅で断熱材が十分必要なのは生活を快適に保つと共に、光熱費を節約する必要があるからです。断熱材には発泡プラスチック系断熱材や繊維系断熱材があり、外張り断熱や充填断熱として使われます。外張り断熱にするか充填断熱にするかは...

地震に備えて耐震問題もクリアした住宅を建てましょう 2019年10月26日

住宅は地震に対して安全である必要があり、耐震問題に関心を持つことが大切です。住居の耐震問題は建築基準法で規制されていますが、構造計算は義務付けられていません。住宅の耐震問題は建築基準法において中規模と大規模の地震に分けて規制がされています。中規模は建築基準法の最低限の規制を守ることで倒壊を免れますが...

住宅展示場に行く場合には注意しなくてはいけない点がいくつかある 2019年09月25日

オーソドックスなハウスメーカー選びとして住宅展示場を訪れる方法が勧められます。展示メーカーの多い住宅展示場を選び、空いている平日などに行くのが良い情報を得るポイントです。各家庭への飛び込み営業や営業電話は疲れるのに対して、住宅展示場のモデルハウスで選ぶ方法はじっくりと比較できるのが良い点となります。...

マイホームを建てるなら色々なカタログを請求してみるのもよし 2019年09月09日

マイホームのハウスメーカーを選ぶ場合に適切な住宅展示場が見つからない場合は、個別にカタログを請求するのが良いでしょう。カタログには各社の得意とする建築工法や目的別の素材などが掲載されているので、それを参考に他社との比較を行うのが良い方法と言えます。工務店でカタログを用意しているところは少なく、ハウス...

マイホームをステキに見せたいなら有名なハウスメーカーが良い 2019年08月30日

あまり手間を暇かけずに高い水準の住宅を建てたいのなら、有名なハウスメーカーに依頼するのが良いでしょう。ランキングや顧客度などを評価軸に、評判や人気の有無を確かめながら選ぶのが良い方法なのです。そのためには住宅展示場を積極的に訪れ、資料を集めるのが効果的でしょう。選んだ後は実際に実務を取り仕切る建築士...