• ホーム
  • 住宅展示場に行く場合には注意しなくてはいけない点がいくつかある

住宅展示場に行く場合には注意しなくてはいけない点がいくつかある

きれいな部屋

オーソドックスなハウスメーカー選びとして住宅展示場を訪れる方法が勧められます。展示メーカーの多い住宅展示場を選び、空いている平日などに行くのが良い情報を得るポイントです。各家庭への飛び込み営業や営業電話は疲れるのに対して、住宅展示場のモデルハウスで選ぶ方法はじっくりと比較できるのが良い点となります。住宅選びは独特の流れがあるので、事前にイメージを固めておくことも必要です。標準的なモデルハウスにオプションを組み合わせることで、納得できる住宅を建てることができるのです。

ハウスメーカーにマイハウスを依頼する場合は住宅展示場を見るのが効率的です。マイハウスを建てる時の独特の流れを疑似体験することも可能で、イメージを膨らませるのにまたとない機会となるでしょう。展示メーカーに本命が無い場合でも、実物を見ておくことは必要です。カタログを見ただけでは実感できないマイハウスの具体的なイメージをつくることができるでしょう。日曜や祭日には楽しいイベントも開かれることが多いので、家族で楽しめる場所としての活用も勧められます。

住宅展示場の注意点としては、そこにある全てが本体工事には含まれないということです。庭などの外構や内部の家具や照明などはオプションとなっていることもあるので、担当者に確認することが大切となります。カーテンや仕上げも必ずしも本体工事に含まれず、誤った印象を持つことも珍しくはありません。なるべく同じ広さや仕様のものを選んで見ることも必要となるでしょう。

住宅展示場には展示メーカーの営業マンが張り付いているのが一般的です。展示メーカーにとっても顧客を見つける良いチャンスとなるからです。そこで住所などの個人情報を教えた場合は飛び込み営業とは異なるダイレクトな営業攻勢を受けることもあります。営業電話も増えることで疲れる場合もあるのです。それを避けるためにはむやみに個人情報を教えないことが必要です。教えるのは営業を受けても構わない場合に限りましょう。

住宅展示場には展示メーカーの一流の担当者がいるはずです。住宅に関してわからないことがある場合は積極的に質問することで、疑問点を解消することが大切となります。一つ一つ疑問点を解消していくことで、着実にマイホームの実現につながります。カタログではわからない実際の空間のイメージをつくるのにも住宅展示場は役に立ちます。カタログで見た部屋と同じ大きさの部屋を実際に見ることにより、スケール感を把握できるのです。

関連記事
家を建てる際はカーポートなどの見積もりや計画も一緒に行うと良い 2020年01月16日

注文住宅を建てる場合は本工事と別途工事の区別を適切に行うことが大切です。中でもカーポートは混んでいる時期には完成まで時間がかかるので、前もって決めておくことが必要となります。カーポートは建ぺい率や容積率の他、防火材料の使用が必要となることもある専門分野なのです。そのため、カーポートは本工事に含める選...

マイホームをステキに見せたいなら有名なハウスメーカーが良い 2019年08月30日

あまり手間を暇かけずに高い水準の住宅を建てたいのなら、有名なハウスメーカーに依頼するのが良いでしょう。ハウスメーカーのランキングサイトや顧客満足度などを評価軸に、評判や人気の有無を確かめながら選ぶのが良い方法なのです。そのためには住宅展示場を積極的に訪れ、資料を集めるのが効果的でしょう。選んだ後は実...

注文住宅を建てる時は値引き交渉をしてみましょう 2019年12月07日

注文住宅のような高い買い物では値引き交渉が可能なことがあります。競合がある場合を除き、買主が働きかけなければコストダウンは図れません。値引き交渉には適切なタイミングやうまくいく方法があり、それを理解することが大切です。値引きの額はハウスメーカーによって異なり、また、売れない時期や決済時期など時期によ...

家を建てるなら条件に合う土地を探しましょう 2019年10月11日

住宅を建てる場合はその土地の条件に合致することが大切です。土地の条件には立地の他にも建築基準法などの法規制があります。また、災害に遭いにくいかや、老後の設計など、生活上の条件も出てくるでしょう。建築基準法では都市計画で定められている用途地域を確かめることが大切です。用途地域によりその土地周辺の環境が...

寒い地域に家を建てる場合は断熱材はしっかり入れてもらいましょう 2019年11月12日

寒い地域に住宅を建てる場合は、十分な断熱材の設置が必要となります。寒い地域に建てる住宅で断熱材が十分必要なのは生活を快適に保つと共に、光熱費を節約する必要があるからです。断熱材には発泡プラスチック系断熱材や繊維系断熱材があり、外張り断熱や充填断熱として使われます。外張り断熱にするか充填断熱にするかは...